PROJECTS
プロジェクト

寺井尚子ジャズ・コンサート

寺井尚子ジャズ・コンサート
(C)Katsunari Kawai

ジャズ・ヴァイオリンの女王、ドラマチックで情感豊かな寺井尚子の世界

プロフィール

1988年、ジャズ・ヴァイオリニストとしてプロ・デビュー。以来、寺井尚子ならではの表情ゆたかな演奏スタイルで人気の高いコンサートを中心に、テレビ、ラジオ、CMへの出演や楽曲提供など、ジャズの枠組みだけにとどまらず、幅広く積極的に音楽活動を展開し続けている。ケニー・バロンに招かれてのニューヨークでの初レコーディングから、リシャール・ガリアーノ、リー・リトナー、ボブ・ジェームス、 ハービー・ハンコックといった世界的アーティストと国内外のステージで数多く共演を重ね、いずれも 好評を博している。寺井尚子の真骨頂たる繊細さと情熱的な 表現力を併せ持つ唯一無二の 演奏で、世界を舞台に活躍するジャズ・ヴァイオリニストである。「文化庁芸術選奨文部科学大臣新人賞(大衆芸能部門)」( 2010 年)、「日本ゴールドディスク大賞ジャズ・アルバム・オブ・ザ・イヤー<邦楽>」(2004 年)他、受賞。2020年4月15日、プッチーニの歌劇 「トゥーランドット~誰も寝てはならぬ」や映画「シンドラーのリスト」のテーマをはじめ、多彩なジャンルの楽曲を寺井尚子の世界観で表現した最新アルバム『 Flourish(フローリッシュ)』をリリース。

編成

寺井尚子(Vn)、ドラム、パーカッション、ベース、ピアノ。ほか、ご希望等ございましたらお問合せ下さい。