クラシック音楽マネジメント[オフィス・フォルテ]

エリアス・ケッラー2019年来日公演

エリアス・ケッラー(ピアノ) Elias Keller(Piano)

2007年9月オーストリアのフィラッハ市に生まれる。現在エリアス・ケッラーは小学校の4年生を終了し、飛び級をしてSpittal(シュピッタール)市のPorcia(ポルツィア)高校に通っている。6歳から地元のヴァイセンシュタイン音楽学校(Musikschule Weißenstein) に於いてウラジミール・ソコロフ(Vladimir Sokolov)の下でピアノを学ぶ。8歳でモーツァルテウム音楽大学の入学試験に合格。現在は、同音楽院のCordelia Höfer – Teutsch(コルデリアへーファー・トイチュ)氏に師事、音楽史や作曲に関しての勉強も行っている。同時に高校とは別にフィラッハ音楽学校で合唱やトランペット、ダンスを習っている。8歳で初めてソロ・リサイタルを行い、2017年12月にはドイツ国営放送番組「テレビ・ガラコンサート」“子供達への心”に出演。また7月にはオーストリア放送(ORF)にて特別ドキュメンタリー番組が放送された。その番組でロサンジェルス在住98歳の音楽評論家ウォルター・アーレン(Walter Arlen)はエリアスを「彼は唯一無二、リストと同レベルの本物の才能を持った少年だ。彼は将来世界中の音楽ホールで大成功する事に私は何の疑いもない」と言わしめた。最近では8月にザルツブルグで行われたEU国連会議にてドイツの大統領メルケル氏の前で演奏を披露した。日常のエリアスは放課後にはサッカーに興じ、スキーを得意とし、サッカーのメッシ選手、スキーヤーのマリシェル・ヒルシュナーに憧れている少年でもある。

エリアス・ケッラーウェブサイト

コンクール歴

2015年 ケルントナー州で開催された“特別な才能を持つ子供”に贈られるコンクールで第1位のスーパータレント(Supertalent)賞を受賞した。
2016年 国内ピアノ・コンクール”Prima la musica”にて2017-2018年と3年連続最高位
2017年 カンガルー数学コンクール第2位
2017年 オーストリア青少年ピアノ・コンクール第1位
2017年 ベラ・バルトーク国際コンクール(ハンガリー)第3位
2017年 ケルントナー州音楽コンクール特別賞
2018年 ヘンレ国際ピアノ・コンクール(ミュンヘン)にて第2位 *ビデオ審査
2018年 青少年のためのミュンヘン・ピアノ・コンクールにて入賞及びシューベルト賞受賞

 

さらに詳しい情報について

クラシック・リンクは主催者様向け情報サイトです。ご登録頂けますと各企画の詳しい内容や公演条件をご覧頂けます。
会員登録されますと表記企画の他に、ヴァイオリンの古澤巌や東儀秀樹雅楽公演、子供向けコンサート、及び学校鑑賞事業等の企画がご覧頂けます。

音楽事務所「オフィス・フォルテ」
音楽事務所「オフィス・フォルテ」
「オフィス・フォルテ」のアーティスト・プロジェクト「クラシック・リンク」
「オフィス・フォルテ」主宰コンサート情報
「オフィス・フォルテ」会社案内
「オフィス・フォルテ」へお問い合わせ
メンバー専用コンテンツ
無料会員登録フォームへ
既に、ログインIDとパスワードをお持ちの方は、下記フォームよりログインし、詳細をご覧ください。