ARTISTS
アーティスト

ヴァイオリン(所属アーティスト)

荒井優利奈(Yurina ARAI)

荒井優利奈(Yurina ARAI)

1994年愛知県生まれ。4歳よりヴァイオリンを始める。2017年2月にリトアニアのヴィリニュスで行われた第5回ヤッシャ・ハイフェッツ国際ヴァイオリンコンクール優勝及びLithuanian Jewish Community賞、Lithuanian national philharmonic賞受賞。同年5月には第69回プラハの春国際音楽コンクール第2位。第14回 ヤング・ヴィルトォーゾ国際コンクール(ブルガリア)室内楽部門第1位。

2016年アルテュール・グリュミオー国際ヴァイ オリンコンクール(ベルギー)第1位。第32回ヴァルセシア・ムジカ国際コンクール(イタリア)第2位(最高位)。その他にも2004年第26回子供のためのヴァイオリンコンクール金賞、2005第59回全日本学生音楽コンクール名古屋大会小学生の部第1位。 2006年第7回大阪国際音楽コンクール小学生の部第1位、2007年第61回全日本学生音楽コンクール名古屋大会中学生の部第1位、2008年第11回江藤俊哉ヴァイオリンコンクールジュニアアーティスト部門第3位、2009年第11回日本演奏家コンクール中学校の部第1位及びグランプリ受賞、2011年第7回ルーマニア国際音楽コンクール第2位。2014年第1回刈谷国際音楽コンクール一般の部最優秀賞及びグランプリ、刈谷市長賞、愛知県知事賞、第8回横浜国際音楽コンクール大学の部第1位、2015年ザルツブルク=モーツァルト国際室内楽コンクール第2位、等多数受賞。

山田和樹指揮、名古屋フィルハーモニー交響楽団、山下一史指揮、中部フィルハーモニー交響楽団、ルーマニアミハイル・ジョラフィルハーモニー、リトアニア国立フィルハーモニーオーケストラ、レオシュ・スワロフスキー指揮、プラハ放送交響楽団、上海クァルテット、上海シンフォニーオーケストラ、ポーランド・バルト・フィルハーモニック、ケレム・ハサン指揮、新日本フィルハーモニー交響楽団、山形交響楽団等と共演。クロンベルクアカデミーにてスカラシップを得てM.フックス氏のレッスンを受講の他、国内外のア
カデミーを受講し研鑚を積む。NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」出演。

これまでに、岩崎能子、加藤瑞木、白石禮子、川田知子、P.アモイヤル、G.プーレ、F.アゴスティテーニ、玉井菜採、室内楽を川崎和憲、玉井菜採、市坪俊彦、松原 勝也、青柳晋各氏に師事。現在、D.シュヴァルツベルク、L.シュトラウス各氏に師事。 東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、東京藝術大学音楽学部卒業。卒業時に同声会賞受賞。現在ウィーン国立音楽大学在籍中。

2015、16年度公益財団山田貞夫音楽財団奨学生、2016年宗次エンジェル基金公益財団法人日本演奏連盟新進演奏家国内奨学金奨学生。2017、18年度公益財団法人ロームミュージックファンデーション奨学生。

一般財団法人ITOHより1721年ピエトロ・グァルネリを貸与されている。

コンサート

荒井優利奈ヴァイオリンリサイタル

開催日:2020.07.16
公演:荒井優利奈ヴァイオリンリサイタル日時:7月16日(木) 18:30開場 19:00開演会場:京都・青山音楽記念館<バロックザール>お問い合わせ:青山音楽記…