クラシック音楽マネジメント[オフィス・フォルテ]

企画名:緑川まり&米良美一 愛のデュオ・コンサート

米良美一 Yoshikazu MERA

映画「もののけ姫」の主題歌を歌って一世を風靡し、その類まれな美声と音楽性で欧米でも高く評価されている。また、テレビ・ラジオにも多数出演し、親しみやすい人柄と個性豊かな語り口は、世代を越えて人気を集めている。

1994年洗足学園音楽大学卒業。第8回古楽コンクール最高位(1位なし2位)受賞。同年、バッハ・コレギウム・ジャパン定期公演の教会カンタータでデビュー。1995年第6回奏楽堂日本歌曲コンクール第3位入賞。1996年よりオランダ政府給費留学生としてアムステルダム音楽院に留学。コンサートでは、ソプラノのエディタ・グルベローヴァやカウンターテナーのヨッヘン・コヴァルスキーなどの世界的名歌手とヨーロッパ各地及び日本でデュオ・コンサートを行い、大喝采を浴びた。CD録音も多数あり、スウェーデンのBISレーベルよりアメリカ・ヨーロッパはじめ世界各国で発売されている。 2005年9月、ヨイトマケの唄が収録されているCDアルバム「ノスタルジア」がキングレコードよりリリースされ話題を集めた。

2007年7月、大和書房から自叙伝「天使の声~生きながら生まれ変わる」を出版し、これまでの人生から得た経験をもとに、全国各地で講演会も精力的に行っている。

2009年4月、5月東京・大阪にて、宮本亜門演出「音楽劇・三文オペラ」に演劇初出演を果たし、モリタート歌手、女王役及び狂言回しの多彩な役柄を演じ大絶賛を博した。

2011年10月より、ロッテ「かりんのど飴」のCMに出演中。4人の米良美一が、かりんを讃える荘厳な歌を歌い話題を呼んでいる。また「せんねん灸の奇跡」のCMに歌唱にて出演している。同年11月、韓国の童謡や民謡などを原語で歌っているCDアルバム「Korea Nostalgia」を韓国のCDレーベルより初リリースした。

2012年2月29日、昭和の歌謡曲をカヴァーしたCDアルバム「名曲集vol.1」を発売。

第12回日本ゴールドディスク大賞、第21回日本アカデミー賞協会特別賞として主題歌賞をそれぞれ受賞。

米良美一オフィシャル・ホームページ http://www.lamela.co.jp

 

緑川まり Mari MIDORIKAWA ソプラノ

リリカルな役柄から、ドラマティックな役柄まで対応できる稀有な声と表現力で幅広いレパートリーを誇る。桐朋学園大学卒業、同大学研究科修了。第5回日仏声楽コンクール奨励賞受賞。イタリア・ミラノに留学。1991年ヴェルディ国際声楽コンクール入賞。二期会創立40周年記念公演プッチーニ「ラ・ボエーム」ミミ役で華々しくオペラデビューを飾り、以後、国内外のオペラ、リサイタル、コンサートで活躍。2000年には、ドイツ・バーデン州立歌劇場公演「トスカ」で海外デビュー、その成功を受け「アイーダ」にも主演。06年にはヘンツェ「午後の曳航」で、ザルツブルク音楽祭、ベルリン、トリノ9月音楽祭にデビュー。オペラでは、「ドン・ジョヴァンニ」、「アイーダ」、「オテロ」、「蝶々夫人」、「トスカ」、「ニーベルングの指輪」、「サロメ」、「青ひげ公の城」、「ペレアスとメリザンド」、「ムツェンスク郡のマクベス夫人」、「ヴォツェック」など、様々な声と表現が求められる作品の主役を演じ、一人のソプラノがこれだけ多岐にわたる作品を演唱することは驚異的なことである。96年第24回ジロー・オペラ賞、第1回ホテル・オークラ音楽賞受賞。現在、東京音楽大学準教授。

 

さらに詳しい情報について

クラシック・リンクは主催者様向け情報サイトです。ご登録頂けますと各企画の詳しい内容や公演条件をご覧頂けます。
会員登録されますと表記企画の他に、ヴァイオリンの古澤巌や東儀秀樹雅楽公演、子供向けコンサート、及び学校鑑賞事業等の企画がご覧頂けます。

音楽事務所「オフィス・フォルテ」
音楽事務所「オフィス・フォルテ」
「オフィス・フォルテ」のアーティスト・プロジェクト「クラシック・リンク」
「オフィス・フォルテ」主宰コンサート情報
「オフィス・フォルテ」会社案内
「オフィス・フォルテ」へお問い合わせ
メンバー専用コンテンツ
無料会員登録フォームへ
既に、ログインIDとパスワードをお持ちの方は、下記フォームよりログインし、詳細をご覧ください。